ラフティングの楽しみ方のコツ

ラフティングに準備しておくもの

2016年02月18日 17時18分

初めてのラフティングには、何を持っていけばよいのでしょうか?
必ず必要なものが、水着になります。
また、眼鏡をかけている方やコンタクトの方は、眼鏡バンドやゴーグルを用意しておきましょう。
さらに、かかとがしっかりと固定されるサンダルも必要です。
 

ラフティングは必ず濡れますので、濡れてもよい恰好をする必要があります。
Tシャツなどが濡れてもよいという場合はそのまま参加するのもよいと思いますが、水着を着用するのが一般的です。
水着の上からライフジャケットやウェットスーツを着ることになりますが、
当然内部も濡れますので濡れてもよい服装を用意しましょう。
 

また、眼鏡をしている方は何かの衝撃で外れてしまい破損してしまうことがあります。
コンタクトの方も、水が目に入ったらずれて紛失してしまう可能性が高いです。
視力がなくなってしまうと素直にラフティングを楽しめませんし、何より暗い気持ちになってしまいます。
それを防ぐためにも、眼鏡バンドやゴーグルを用意しておいた方が良いと思います。
 

また、サンダルはラフティング中に流されやすいアイテムです。普通のビーチサンダルは、
急流で足から外れて流れていきやすいです。
しっかりと足で固定できるサンダルであれば、外れることもありませんし濡れても問題ありません。
 

ラフティングに必要な持ち物は、大体これくらいなのではないかと思います。
しかし、ツアーによって用意しなければならない持ち物などがあるかもしれません。
予約の段階でツアー業者から持ち物の説明などもあるかもしれませんし、気になる方はこちらから確認しましょう。
事前に聞いておけば、安心してラフティングに臨めるはずです。